SKI TUNE-UP 料金/タイプ別目安表

SKI フルチューンナップ メニュー


フルチューン  価格(税込)
 スペシャルフルチューン・セット
(基本作業+エッジ角度指定可+サイドエッジファイン仕上げ+ストラクチャー指定
 +ワックス浸透加工)
 ¥12,000 
 スペシャルフルチューン
(基本作業+エッジ角度指定可+サイドエッジファイン仕上げ+ストラクチャー指定
 +ワックス浸透加工)
  ¥9,500
 ノーマルフルチューン
(基本作業+1度/89度or90度+ストラクチャー細目+ホットワックス)
  ¥7,500


 SKI コース  ノーマル  スペシャル  スペシャル
セット
 通常料金  ¥7,500 (税込)  ¥9,500 (税込) ¥12,000 (税込) 
 キャンペーンはおこなっておりません      
1 板のチェック
2 サンディング研磨
3 滑走面キズリペア
4 ストーン研磨 
5 ストラクチャー加工
斜めクロス

指定なし

指定あり 

指定あり
6 ベースエッジビベル手仕上げ  △
角度指定なし 1度

角度指定あり 

角度指定あり
7 サイドエッジ手仕上げ  △
角度指定なし
90度or89度

角度指定あり

角度指定あり
8 サイドエッジファイン仕上げ  ×  
角度指定あり

角度指定あり
9 ワックス前のブラッシング
10 ホットワクシング
11 オリジナルダブル浸透
ワックス加工
 ×
1加工

3加工
12 スクレイピング&ブラッシング ※1 ※1 ※1
13 サビ止め&ビニールパッキング
 最新ストラクチャー加工 × ※2 ※2
※1 フルチューンオプション別途 ¥500 
※2 フルチューンオプション別途 ¥1,500 ウェーブ・センタークロス・etc…

※滑走面の状態により追加料金を頂く場合がございます。
※板の状態によりチューンナップができない場合がこざいます。
※仕様、価格、作業内容等、予告なく変更する場合もございますので、ご了承下さい。

SKI オプション メニュー


前回フルチューンを行いあまり痛んでない板の場合や…
あまり使用していない板やサブ板であまりお金をかけたくない場合などに…

オプション セットチューンメニュー 価格(税込)
サイドエッジファイン仕上げ+ホットワックス ¥4,500
サイドエッジファイン仕上げ+オリジナルダブル浸透ワックス加工 ¥5,500
サイドエッジファイン仕上げ+オリジナルダブル浸透ワックス加工 ¥7,500

 SKI オプション メニュー 価格(税込) 
 SKI サイドエッジファイン仕上げ ¥3,500
 SKI ベースエッジビベル手仕上げ ¥2,500
 SKI ストラクチャー加工  ¥3,900~
 SKI オリジナルダブル浸透ワックス1加工 ¥2,500
 SKI オリジナルダブル浸透ワックス3加工 ¥5,500
 SKI ホットワックス ¥1,500
 SKI スクレイピング&ブラッシング ¥500
 SKI 滑走面キズリペア  ¥1,000~
 SKI 修理・その他  お問合せ下さい

※滑走面の状態により追加料金を頂く場合がございます。
※板の状態によりチューンナップができない場合がこざいます。
※仕様、価格、作業内容等、予告なく変更する場合もございますので、ご了承下さい。


SKI タイプ別 エッジ角度/ストラクチャー 目安表


 タイプ  ベースエッジ
角度
 サイドエッジ
角度
 ストラクチャー
(基本/斜めクロス)
 レーシング/GS  0.5~1  89~87  GS用(斜めクロス・ウェーブ)
 SL  0.5~0.75  89~87  SL用(斜めクロス・ウェーブ)
 SG/DH  1~1.5  89~88  SG/DH(斜めクロス・ウェーブ)
 ジュニアレーサー  0.75~1  89  Jrレース用
 基礎/デモ  1~1.5  89~88  オールラウンド用
 モーグル  1~1.5  89~88  オールラウンド用
 パウダー系  1.5~2  89  細目パウダー用
 パーク&パイプ  1.5~3  90~89  クロス細目
 ノーマル  1  89  斜めクロス細目

この表は、簡単な目安表ですので、ご参考までに!
ノーマルチューン以外は、お客様の指定やご希望、用途に合わせて、エッジ、ストラクチャー
 など仕様を変えて作り上げます。
エッジ角度やストラクチャーはファクトリーユーのテスト及びメーカーや選手からの情報や
 実績などか作り上げた目安表です。大会や雪上で実証済みです
※角度やストラクチャーなど、わからない場合は、ご気軽にご相談下さい。

スキーチューンナップ・基本作業工程

1 板のお預かり&板のチェック


 
 お客様と板の仕様やチューンナップについての相談する
 滑走面のキズ、エッジの状態、板全体の状態を確認する




2 滑走面のサンディング研磨


 
 圧を上げ、高速回転でたくさんの滑走面を削ってしまうのは、
 簡単ですが、なるべく薄く削り、新しい滑走面をだすかがポイント。
 この作業で、大まかな滑走面が整います。
 
板の性能、耐久性を考えて作業していきます。こだわりの作業です。


3 滑走面のキズリペア


 サンディング研磨で残ったキズを彫刻刀などで、きれいに整えホット
 ジェットリペアマシンを使用しキズを溶着していきます。
 

 ホットジェット方式は、時間や技術が必要ですが、今までのキャンド
 ルタイプやコテタイプと違いリペア箇所が剥がれたり、凹んだりする
 ことはほとんどなく、ストラクチャーやワックスがしっかり入り込みます。
 こだわりの作業です。

4~5 滑走面のストーン研磨(フラット出し)& ストラクチャー加工


   
4)ストーン研磨(フラット出し)
2台のストーンマシンを使用し、低速回転で薄く削りながら、正確にフラット出し作業を行います。

5)ストラクチャー加工
板の使用目的に合わせたストラクチャーを選択して加工していきます
 (オールラウンド/レーシングタイプDH/SG/GS/SL/モーグル/パウダー用/etc・・・・)

4~5)の作業でも、圧力を上げて高速回転で加工しますと、簡単にストラクチャー加工ができ、見た目は綺麗にストラクチャーが入っている様に見えますが、滑走面が焼けてしまい、ワックスが浸透しない滑走面、滑らない滑走面ができてしまいます。
 
(圧力を上げて高速回転ストラクチャー加工、滑走テスト済み!早く加工出来るが、滑走性が悪い、滑らない!)
 
 手間、時間を惜しまず、滑走性のより高い板を作っていきます。こだわりの作業です。
 (ノーマルチューンナップでは、ストラクチャーの選択はできません)


6~7 ベースエッジ/サイドエッジ手仕上げ&最新ファインエッジ研磨仕上げ


      
使用目的に合わせてベースエッジ/サイドエッジをファイル、ダイヤモンド、ストーン、etc....で仕上げていきます。お客様で、角度などわからない場合は相談しながら決めていきます。
ご安心ください!同時にお客様に合わせてダリング作業も行います。


正確にエッジの角度が出ているか確認しながら、滑るエッジ、シャープなエッジを考えながら仕上げていきます。こだわりの作業です。
(ノーマルチューンナップでは、エッジ角度の選択はできません)

8 大好評!ファインエッジサイド仕上げチューン


      
ワールドカップ サービスマン達の間で話題になり、多くのWCサービスマン達が使用しているサイドエッジシャープナーマシーンを使用したチューンナップサービスです。 このマシーンはサイドエッジ研磨に使用し従来の手仕上げに比べ滑らかで、よりシャープな仕上げ、滑るエッジを可能にしてくれます。その効果はワールドカップやFISレース、日本のレースで実証済。サービスマンの中では、勝つための最強兵器と、言うサービスマンもいるとか・・・!?
このチューンナップサービスは、トップレーサーだけの、チューンではありません。初級者~トップレーサー、トップスキーヤーの協力のもと雪上テストで、良い結果を得ることができ、マシーンを使い、いろいろなパターンの仕上げで、対応できると考えています。角度も90度~84度に対応しています。(例、88,5も可能です)勝つ為、勝負する為、ステップアップを目指す初級、中級者の方も是非、体感して下さい。もちろん、ファイルによる手仕上げも健在です。
(ファインエッジ仕上げは、ノーマルフルチューンでは対応していません。スペシャルフル及びセットでの対応です)

ワクシング前のブラッシング・クリーニング


 
 エッジ、滑走面、ストラクチャーの最終確認をし、
 ブラッシングをしながら、滑走面を整える。



9 ホットワックス


 滑走面の焼付けを防ぐため、ペーパーを使用しながら、
 ワクシング作業を行う。

 
通常お渡しの場合はワックスは、剥がさずお渡しいたします。
 ワックスを剥がす場合 は別途オプションチューンで承ります



11 オリジナルワクシングシステム3or1


 スペシャルフルセット及びスペシャルフルチューンのみの加工になり
 ますが、面ヒーター及び赤外線輻射熱によるワックス浸透装置を使用
 し、滑走面より深くワックス を浸透させます。

 
スペシャルフルセットではこの作業を3回繰り返し行い、スペシャル
 フルチューンでは1回行い滑走面にワックスをより深く浸透させます。

12 サビ止め/パッキング


 
 
 エッジのサビ止め加工とパッキングを行い終了です!




13 お客様へお渡し




 
お客様へお渡し!快適な滑走をお楽しみください!




※板の状態で基本作業の順番や内容を変えながら、チューンナップ作業を行う場合がございますが、板にとって最適な方法でチューンナップすることを考えて作業していきます。